TOP >  study tour 2017

study tour 2017


 活動報告はこちら


私たちは2つのコンセプトを軸にスタディーツアーを企画しています。

「彼らによる国づくり」

東ティモールは国民の平均年齢が18歳と若い力に溢れています。
東ティモールの未来を担う学生に、日本の生活や文化、技術だけでなく、1つの先進国としての現状や問題を見て感じて吸収して欲しいのです。

日本が歩んできた道を学び、東ティモールの良さを生かした新しい発展の形を考え、還元する機会となればと考えています。

 

「日本人が発展について考える」

日本は、医療、教育、福祉が発達していて治安も良く、生活も便利。東ティモールの基準から考えると日本人は夢のような生活をしています。

しかし、物質的に豊かで便利な社会は人々の幸せを保証するのでしょうか。

モノやお金に振り回されない暮らしをしている彼らと関わることで幸福度を伴う発展の仕方、幸せとはなにか、を考えるきっかけを作りたいと考えています。


女川町の「ゼロからのまちづくり」から学ぶ東ティモールの国づくり

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県女川町では、1000年に一度の「ゼロからのまちづくり」を行っています。
東ティモールも独立後、インフラ、教育、すべてが未整備、文字通り「何もない」状態から国づくりは始まりました。

自然やその土地の魅力を生かしたまちづくりの工夫を学び東ティモールの良さを生かした理想の国づくりを考えます。

 

  1. ワークショップ
    「まちづくり」「国づくり」をテーマに女川の若者と東ティモール人学生が交流します。
  2. 体験ツアー・アクティビティー
    女川のまちづくりの従事者へのインタビューや漁業体験などのプログラムに参加します。
ONAGAWADAYS

 


Timofeeをご支援いただいた方や東ティモールに興味がある方を対象に、日本での滞在を経て彼らが何を学び、何を感じたのか、今後どう生かしていきたいのか、を報告する場にしたいと思っています。
会場では東ティモール関連の商品の販売や東ティモール産のコーヒーを用意いたします。

東ティモールのおいしいコーヒーを片手にこのプロジェクトの成果をぜひご覧ください。

皆様の参加をお待ちしております。